FC2ブログ
体験に基づいたSM(ソフト)の官能小説と雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。hisokと申します。このブログでは、或るS(softsadist)である私の経験に基づいたSM官能小説と、雑記を公開しています。現在は「可奈」という話を公開中です。


SM小説「 可奈 」 目次と冒頭

可奈 1話
仕事の帰り、私たちは部署行き着けの居酒屋で酒を飲んでいた。個室があるとはいえ、洒落気のないタバコと焼き鳥の煙が充満するような店だ。ここのおでんが好きなのと可奈が言うので、付き合うことになった。――続き


可奈 2話
可奈が自分を誘っているのは、態度から明らかだった。しかし、女性の中には気があるふりをするものの、いざ誘うと「そんな気はなかった」とはぐらかす人もいる。自分の価値を確認したがるタイプだ。――続き


可奈 3話
可奈は口ごもり、うつむいて体をこわばらせて黙り込んでしまった。だがしばらくすると、恥ずかしがりながらも、ぽつりぽつりと言葉を選びながら自分の感情を吐露していった。――続き


可奈 4話
可奈は言われるまま、私から目をそらさずボタンを一つずつ外すと、上着を近くの椅子に掛けた。カチッとしたシルエットの上着を脱ぐと、胸元が大きく開いた女性らしい曲線のスタッズ付黒ワンピースが露になる。――続き


可奈 5話
可奈は自分の世界に浸っていたが、やがて満足したように私を見た。「ブラを取って」私がそう言うと、躊躇うことなく両手を後ろに回してブラジャーを取った。――続き


可奈 6話
「可奈、彼氏とはどのくらいセックスするの?」私は可奈の胸と顔を眺めながら尋ねた。「は…い…えっと…彼とは…週に一度ぐらい…か…ナ」「ラブホ行ってするの?」「いえ…週末に…彼の家に行って…それで」――続き


可奈 7話
「――父性…なのかな」可奈はポツリとつぶやいた。「ん?」「私が求めているものって、甘えられるよりも甘えさせてくれる人? ……ううん。…それは違うな…」自分の中の誰かに話しかけるように、可奈は話を続けた。――続き


可奈 8話
「可奈、座ったまま足を開いて」可奈は照れながらも黙って頷き、私の目を見ながらゆっくり足を左右に開いた。膝が開き、細めの太ももの奥から、ふっくらとした秘肉が露になる。光沢のある薄紫のショーツが、溝を中心に愛液に濡れているのが、対面に座る私にも簡単に見て取れた。――続き


可奈 9話
指先で恥部を触ってはいるが、その手つきは遠慮がちだ。「いつもそんなにぎこちないわけないよね?」「…ん。やっぱり恥ずかしいよ、こんなこと…」「彼氏の前ではオナニーしないの?」「フツー、しないでしょ」可奈は手を止め、拗ねるように言った。――続き


可奈 10話
可奈の荒い呼吸が徐々に収まるにつれ、室内には再び静寂が訪れた。互いに何も言わず、ただ時が流れた。可奈は椅子にかけたまま頭を垂れ、こちらを見ないでいる。――続き


可奈 11話
私は可奈の不意をついて立ち上がり、彼女の両腕を押さえた。そのまま背後に回り後ろ手にする。「あっ…」――続き


可奈 12話
可奈の尻を再び掴むと、ペニスの先端を女溝に押し当てる。可奈の背が大きく揺れた。弛緩していた身体が一気に締まって硬直し、緊張した様子が背からも伺えた。――続き




お世話になっているアダルト小説リンク集様

 



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

可奈の尻を再び掴むと、ペニスの先端を女溝に押し当てる。可奈の背が大きく揺れた。

弛緩していた身体が一気に締まって硬直し、緊張した様子が背からも伺えた。

しかし、その緊張とは裏腹に、身体はペニスを受け入れようと弛緩していた。

ほんの少し押せば簡単に入りそうなほど、膣口周辺は濡れ、花びらもまた柔らかく、鬼頭に絡み付いていた。

私は右手で尻を掴んだまま、もう一方でペニスを持ち、膣口とその周辺を先端で撫で回す。

膣口で得た愛液をローションのように伸ばす。女陰をすみずみまで濡らし、続いて尻も濡らす。

しばらく繰り返すと、可奈の陰部全体がテラテラといやらしく輝いていた。

鬼頭が女陰周囲を撫で、再び膣口に戻って液をさらうと、可奈はピクピクと反応し、「あっ、あンっ」と息を漏らした。

私も先端を膣口に戻すたび、今度こそ挿入するように見せかけて、ペニスに力を入れた。可奈の身体がわずかに緊張する。

しかし、やはり、挿入はしない。

同じように膣口に先端だけ挿すと、愛液だけさらって周辺を撫で回す。

「はァ…」

可奈は、開放感と未練の残る息を吐く。

それを何度も繰り返すうち、私が挿入するそぶりを見せても、彼女の身体はさほど緊張しなくなっていった。

私はペニスをぴったりと女陰につけたまま、手の力を抜いた。

両手で優しく尻を撫でまわすと、可奈は深く息を吐きながらゆっくりと身体をくねらせた。

そのまま腰に手を回し、指先と手の平を使って舐めるように手を這わす。

「クふゥ…ッん」

快楽の中にくすぐったさが混じるたび、可奈はどこか嬉しそうに身体をよじり、小動物のような軽い声を上げた。

腰からウエスト、わき腹に沿って手をそろそろと這わせ、脇の下の直前で両手の向きを変え、指先を可奈の乳首に向けた。

可奈の身体はいやらしい期待でいっそう熱くなる。

首を振りながら私の手を導くように身体をねじり、ねだるようにに熱い吐息を漏らす。

私は可奈の期待に応えるように指先を少しずつ、わざと時間をかけて這わせた。

指先を小刻みに動かし、蟲の足や触手のように彼女の胸を弄る。しかし、乳首の寸前まで這わせたところで手を戻す。

「はァ!!」

指先が乳首に届くか届かないかの所で戻され、緊張していた可奈の身体が一気に弛緩する。

私は戻した両手を、彼女の脇の下から一気に鎖骨に伸ばす。

「はふッんッ!!」

可奈が再び身体を緊張させ、声を上げる。

驚いたような、嬉しいような様子を見せた後、また俯いて、感じる場所を刺激されるのを、じっと待っている。

私は可奈の乳房をゆっくりと指先で撫で回す。

丸く回転させるように、内から外へ、外から中へと撫で回し、乳房全体をぎゅっと掴んで絞るように伸ばす。同時に、指先を乳首の方に滑らせる。

しかし、指先が乳首に触れそうになると手を戻し、また乳房を撫で回す。

しばらくそれを繰り返し、可奈が刺激に慣れ、反応が鈍ってくると、いったん手を尻まで戻し、今度は親指の腹でアナル周辺を撫で回す。

「えっ…そこは…あの…」

可奈が不安げな声を上げる。しかし私は声を無視したまま、アナルと尾てい骨を交互に刺激する。

可奈の身体がビクビクと、これまでにない程激しく反応する。

「アッン、そ…そこは…ダメぇ…」

可奈は数回、首を振る。

消えそうな不安げな声の中に、興奮と好奇心と期待とが入り混じるような、含みのある拒絶を見せた。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

多くの人がアダルトビデオを楽しんでいると思うが、何に興奮するかは、人によって異なるだろう。

演者の容姿はさておき、興味深いのは状況や過程の方だ。

しかし、他人とその手の話題をする時、素直に自分の(真の)性癖をさらす事が出来る人など、そうは居ないと思う。

少なくとも、私は言わない。

先日、ある女性と話していた時、たまにネットでアダルトビデオを見るというので、どんなジャンルのビデオを見るのか尋ねたところ、痴漢ものなのだという。

実際に痴漢されるのは嫌いらしいのだが、ビデオで他人が痴漢されているのが好きとのこと。

他人が痴漢されている所を見て興奮するだけなのか、されている自分を想像して興奮するのか、興味があったので尋ねてみると、残念ながらはぐらかされてしまった。(教えてくれとしても、それが本心かどうかなど分からないのだが…)

一方、他人の求める嗜好が分かる場所もある。

ビデオの販売サイトや、リンク集のリアルタイム検索ワード表示だ。

なるほど、そういうキーワードで他人がビデオ等を探すのかと考えると面白く、自分とは全く違う嗜好の人間がいると興味もわいてきて、例えそのキーワード自体に全く興奮する要素が感じられなくても、つい検索してみてしまうのである。

テーマ:エロ画像・動画 - ジャンル:アダルト

私は可奈の不意をついて立ち上がり、彼女の両腕を押さえた。そのまま背後に回り後ろ手にする。

「あっ…」

可奈が小さく声を上げる。抵抗しようとしたが、力の入り方から本気でないことが伺えた。

押さえつけた手首をグッと下ろすと顎が上がり、両乳房が揺れ開いて硬くなった乳首が上を向いた。

「さて、反撃だ」

可奈の耳元でそう告げた後、私はベッド上にあったバスローブの紐を取り、可奈の両手首を固く縛り上げた。

「んんっ!!」

可奈が熱っぽい声を出す。縛られた事による戸惑いや恐怖よりも、マゾヒスティックな本能が勝ったような声だった。

可奈の体を足で固定したまま、私は続いてもう一着のバスローブ紐を取ると、可奈の目を塞ぐ。

可奈は何も言わない。少し戸惑った様子は見せたものの、抵抗しなかった。

先ほどまでの挑発的な色は消え、何かを受け入れるような柔らかく妖艶な雰囲気をまとっていた。

そのまま可奈をひざまずかせ、上半身をベッドに倒す。

ストッキングのサスペンダーと薄紫のショーツで覆われた白く丸い尻が、既に縛られているように見えた。

横から可奈を見ると、乱れた黒髪の間から顔の左側だけが伺えた。唇は半開きのまま、熱い吐息を漏らし、その風でわずかに髪が動いている。

私は彼女の尻を少し乱暴に、ひっぱたく様にして両手で持ち上げた。ビクンと可奈の体が揺れる。

ショーツ越しに柔らかそうに盛り上がる恥丘があり、膣口辺りを中心に濡れた染みがある。

私はショーツの両端を取り、ゆっくりと下ろした。

ショーツを持つ私の手と可奈の尻の肌が触れたとき、一線を越える緊張感が芽生えた。

彼女の身体は既に熱を帯びていた。

ショーツの境界線が尻のきめ細かな肌を通りぬける。

陰部を通り抜け恥丘から離れる時、ショーツとの間に驚くほどの愛液が糸を引いた。

「びしょびしょだ」

私がそう言うと、可奈は恥ずかしがるように軽く身体をねじった。

太もも、ふくらはぎと通し、そのままショーツを剥ぎ取った。

「パンツがすごく濡れてる。これじゃあ、とても穿いて帰れないね」

私はショーツをベッドの脇に置こうとしたが、ふと案が浮かび、自分の上着のポケットにしまい込んだ。そのまま上着を脱ぎ、椅子に掛ける。

再び、可奈の背後に回り、尻の前に顔を近づけた。

ガードルに覆われたままの尻と、濡れて鈍い光を放つ恥部をじっくりと観察する。

達した後ということもあって、私を受け入れるように微かに花びらが開いている。

「こっちはもっと、ぐしょぐしょだ…」

そう言って、私は女の溝を人差し指でなぞった。

指先に蜜が絡みつき、クチュっといやらしい音をたて、滑るように軽やかに動く。

「はあァッン」

不意をつかれたのか、可奈が声をあげ、のけぞるように身体を緊張させた。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

GW中、どこにも出かけなかったので、何箇所か知人と回って来た。

話題になっているアナと雪の女王も観てきた。もちろん字幕版。アニメにはあまり興味がないのだが、知人がどうしてもというので行くことになった。

観た率直な感想は、思っていたよりもよかった…だった。映像の美しさと、本編前の余興など期待していなかったので驚いた。

一方、サウンドトラックを売るための映画作りというある種のあざとさが、少しだけ気になった。

翌日は鎌倉へ。由比ヶ浜周辺に寄りたい店があるという知人に付き合うことに。店は高台にあり、殆ど障害のない水平線に沈む夕日が綺麗だった。

鎌倉だけではないが、この辺りの海岸に行くと毎回、鳶に食べ物を奪われる人を見かける。

私はこの光景が割と…というか相当気に入っていて、食べ物を手にする観光客をボーっと眺めて長い時間を過ごす。

ああ、その持ち方だと取られるな、だとか、このカップルは取られた時にどんなリアクションを取るのだろう、だとか、この女性客達はどんな声を上げるのだろうなんて考えると、なぜか胸が躍るのだ。
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 或るSの倒錯的日常 all rights reserved.
プロフィール

hisok

Author:hisok
或るS(soft sadist)であるhisokです。

都内在住。体験に基づいたSM小説と雑記のブログ。


最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

官能小説リンク集

お世話になっているサイト様





このブログに投票する
月別アーカイブ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
QRコード

QR

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。